特定非営利活動法人
青少年育成支援フォーラム


ライオンズクラブメンバー理事挨拶

konishi_riji  ライオンズクラブ国際協会は、「We Serve!(われわれは奉仕する)」というモットーのもと、地域社会の生活・文化・福祉など多方面にわたって活動する世界最大の奉仕団体です。世界210の国と地域で130万人を超える会員がおり、日本全国では12万人を超えるメンバーが所属しています。

 我々が取り組む活動の中で、「青少年健全育成」は重要な柱の一つです。将来を担う子どもたちのために、安全で安心な場所を提供し、社会に貢献できる人間へと成長することを支援する活動は、我々の使命です。そのために、ライオンズクラブが世界中で普及活動を実施しているのが「ライオンズクエスト ライフスキル教育プログラム」です。我が国においても、1999年の導入開始以来、普及拡大を進めてまいりました。2015年7月現在、全国にある35準地区のうち、32準地区がライオンズクラブ国際財団(LCIF)の四大交付金を得て、地区内の普及拡大に取り組んでいます。

 今、時代が求めているいじめ対策、薬物乱用防止、学力向上、人格教育などの課題は、「ライフスキル教育」の普及によってこそ対応できるものであると考えます。ライフスキル教育によって育まれる能力や価値観は、自尊感情、目標設定、感情のコントロール、コミュニケーション、意思決定など、社会で生きる人間の基礎となるものばかりです。また、ライフスキル教育は「学校・家庭・地域」が三位一体になって進めることでよりよい効果が期待できます。この地域を担うのは、我々ライオンズクラブです。ライフスキル教育の中でも高い評価を受けている「ライオンズクエスト」を有する我々ライオンズクラブは、今こそ地域・青少年のために普及活動を展開・拡大していくときです。

 ライオンズクラブメンバーの皆様、ともに継続して普及活動に取り組みましょう。教育関係者の皆様、ライオンズクラブの活動にご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

ライオンズクラブ国際協会333-C地区 元ガバナー
特定非営利活動法人 青少年育成支援フォーラム 理事
小西 宗仁
2015年7月吉日

pagetop